• ホーム
  • ジェネリック医薬品のアジーは大丈夫?副作用と服用の際の注意点

ジェネリック医薬品のアジーは大丈夫?副作用と服用の際の注意点

薬を飲む女性

アジーの副作用は、ジスロマックの効果を参考にできますので安全な医薬品であるといえます。一般的な症状としては、下痢や嘔吐、腹痛などが存在しますのでこれらの症状が現れたときにはすぐに服用をやめなくてはいけません。また、有効成分に関して過敏症を発症する人もいます。使われている成分そのものが体に合わない人も存在しますので、その場合もすぐに服用をやめて医師に相談することが大切です。

一般的に、ジスロマックは消化器系への副作用が存在することで有名です。最も多く発生しているのが下痢で、発生頻度は全体の約2%程度になっています。他の副作用に関しては1%にも満たないので、下痢だけが際立って大きな副作用として扱われています。

これは、全体的な統計を確認するとよりわかりやすいです。ジスロマックの副作用は、全体の患者でだいたい2%から3%の間で生じます。この中で、約2%が下痢の副作用で占めていますのでジスロマックの副作用がほとんど下痢であるということがわかります。これは、有効成分が腸内に存在する優良な細菌のバランスを崩してしまうためだと考えられています。ただ、これらの注意点はあるもののアジーは比較的副作用が少ないものであるため安心して利用できるものです。実際にクラミジアの治療薬として使える事実はありますが、実はそれ以外にも幅広い効能を持っていますので汎用的に利用できるというメリットが存在します。例えば、扁桃炎や歯周病にも効果があることがわかっています。

現実的にも、アジーはジスロマックのジェネリック医薬品ですが、ジスロマックそのものも病院では風邪をひいたときなどに処方されます。つまり、それだけ幅広くかつ副作用が小さいということがわかります。アジーはあくまでも抗生物質であるため、細菌への効果が非常に強いことが証明されています。そのため、クラミジアに限定されているわけではなく様々な病気で利用されているのが現状です。

1つだけ注意点として知っておくべきなのは、肝機能障害や心疾患の存在する人は利用する前に必ず医師に相談しなくてはいけないという点です。一般的に、アジーのような経口の治療薬は肝臓を通して血中に吸収されていきますので、肝臓や血圧への負担が大きくなる可能性が存在します。そのため、最初から肝臓に負担を抱えている人や心臓の病気を持っている人は、薬の有効成分と合わない可能性を否定できません。ですから、他の病気を抱えている人は事前の相談が不可欠です。