• ホーム
  • 女性がかかる腟トリコモナス症は膀胱や膣に炎症の症状が起きやすい性病

女性がかかる腟トリコモナス症は膀胱や膣に炎症の症状が起きやすい性病

膣トリコモナスは、膣トリコモナス原虫によって引き起こされる感染症の一種です。女性に対して強く症状がでてしまう病気なので、特に女性の膣や膀胱に問題が発生するケースが目立ちます。男性にとって脅威ではない理由は、原虫が性器内部に侵入するまでに食い止めることができるからです。男性の場合は、性器に存在する尿道が長いので排泄活動によって原虫も一緒に外部にでていくというメリットがあります。そのため、女性ほど神経質になる必要はありません。

この感染症は、原虫が膣内に侵入することで発症しますので子宮内部に異常が生じる可能性が高くなります。膣への刺激感が増していると感じる場合には、迷わず病院にいって検査を受けなくてはいけません。この症状になると、膣分泌物から悪臭が生じるようになるためわかりやすいです。おりものそのものの色も変色しますので、膣内に異常が生じていることを客観的に把握しやすい感染症です。

実際に、他の性病と比較してかゆみを中心とした症状が現れやすい特徴も存在します。これは、トリコモナスの性質と関連性があります。本来、膣内は外敵が侵入しないように適度な酸性に保つようにできています。ここで必要になるのがグリコーゲンという物質なのですが、トリコモナスはこのグリコーゲンを好物としている大きな特徴が存在します。

グリコーゲンを好物としているトリコモナスが侵入すると、それまで通常に保たれていた膣内の酸性度が崩れてしまいます。その結果、悪臭の原因となる様々な細菌が増えてしまい、かゆみの原因に繋がります。ですから、他の性病と比較しても原理的に症状がわかりやすい構造になっています。また、トリコモナスに感染した患者は子宮頚部がんやHIVの感染とも関連性が存在する可能性が指摘されています。

一般的な性病患者と異なるのは、高齢患者にも発症しやすい症状であるという点です。クラミジアなどは若い世代への感染拡大を確認できていますが、トリコモナスは幅広い年代に感染している傾向がありますので、どの年代でも油断することはできません。

こういった特徴があるのは、トリコモナスの生息域がクラミジアなどと比較してかなり広いことが挙げられます。クラミジアは、唾液や膣の分泌液など限られた場所にしか生息していない傾向があります。一方で、トリコモナスは浴槽などにも存在することがあり、普通に生活を送っている人も感染してしまう可能性がありますので注意が必要です。