• ホーム
  • 性行為で感染しやすいクラミジア治療薬の種類を紹介しましょう!

性行為で感染しやすいクラミジア治療薬の種類を紹介しましょう!

葉の上にあるカプセル

クラミジア治療薬として有効であると考えられているものはマクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキロノン系と全てで3つの種類があります。これらの種類はクラミジアに対する有効性を確認されているものですが、世界的に最も信用性が高いと考えられている種類はマクロライド系です。もちろん、他の種類のものが悪いというわけではありませんが、用途が広く利用しやすいという観点からマクロライド系が好まれています。

テトラサイクリン系とニューキロノン系が問題視されているのは、胎児への影響が存在する可能性があることです。一般的な成人に利用するのは問題ありませんが、妊娠中のクラミジア患者に投与すると、胎児への毒性の作用を発揮してしまう可能性が存在します。ですから、クラミジア治療薬の中でも妊娠中の人にはマクロライド系を利用する方が安心感が高いという背景があります。マクロライドというのは、抗生物質として利用される薬の総称のことです。マクロライドという薬で提供されているわけではなく、同様の抗生物質のカテゴリーに入っている薬はすべてこういった名称で呼ばれることになりますので、この点は誤解をしないように気を付けておく必要があります。

このカテゴリーの抗生物質の魅力は、他の抗生物質と比較して副作用が少ないという点です。一般的に、効果の高い薬はそれと一緒に副作用も強くなる傾向があります。作用と副作用は必ずセットで考えなくてはいけないものであり、大きな効果が存在するものはその反作用で人体に大きな悪影響を与える可能性を否定できません。実際に、同じクラミジア治療薬として提供されているテトラサイクリン系とニューキロノン系には、胎児への毒性という難点が存在します。一方で、マクロライド系には胎児へのこういった毒性がほとんどないという大きなメリットが存在します。通常の成人にも利用される一方で、妊娠中という特別な条件下の人にも効果を発揮することができますので、世界中で最も利用されている抗生物質になっています。

何より魅力なのが、1度の服用で治療ができる点です。他の抗生物質ではそれができず、マクロライド系が唯一の治療薬となっています。血中に有効成分が吸収されて、それを全身に届けてくれますのでクラミジアに感染している患部に直接的に効果を発揮します。性器だけではなく、喉などに存在するクラミジアにも有効なので、最も万能な抗生物質として重宝されています。

クラミジアの治療にはジスロマックがオススメです。通販サイトからも購入ができるので、事前に購入しておくことも可能です。ジスロマックを通販するメリットを確認して、クラミジアを効率的に治療しましょう。