• ホーム
  • 感染経路は性行為だけではないよ!クラミジアはオーラルセックスでもかかる

感染経路は性行為だけではないよ!クラミジアはオーラルセックスでもかかる

笑顔のカップル

クラミジアの生息範囲は、粘膜や唾液など体液に関連する場所が多いです。性器のみに存在しているわけではありませんので、一般的な性行為だけではなくオーラルセックスのような形でも感染する可能性は十分に存在します。唾液の中にクラミジアが存在する場合には、そこを感染経路に相手に感染してしまう可能性が高いからです。体液交換が存在する可能性がある行為は、クラミジアの感染経路になりうるということを覚えておく必要があります。

ただ、この感染症では誤解をしてはならないポイントも存在します。それは、クラミジアそのものは非常に弱い菌であるという点です。基本的に、クラミジアは空気に触れて長生きができる菌ではありません。感染している人の人体から出ていくとすぐに死滅してしまうほど弱いので、体液などの特定の場所でしか生息していないというポイントが存在します。例えば、性病の中には浴槽で入浴をしたり他の人が使ったタオルを利用することで感染するものもあります。日常生活の中で生息域が広い菌に対しては、広範囲で十分な注意が必要になります。一方で、クラミジアは生息域がかなり限定的で弱いので、対策をきちんとしておけば感染を比較的容易に防ぐことができるものです。体内への侵入を防ぐことができれば、すぐに死滅するからです。

具体的な対策としては、性行為を行うときにコンドームを利用することです。オーラルセックスをしないという対策はもちろんですが、直接的な体液交換を防ぐためにはコンドームは理に適っています。体液がコンドームに付着したとしても、人体から離れてしばらくすれば勝手に死滅します。そのため、コンドームに付着した菌は問題になりません。また、気を付けるポイントとしては、クラミジアが生息している体液に触れてしまわないことです。性器に触れるだけではなく、体液そのものに触れてはいけないということを知っておく必要があります。性器の中だけに存在するのではなく、唾液や膣からの分泌液にも存在しますので、生きている状態でそれらに触れると手に残ったクラミジアが他の場所に感染する可能性も否定できません。

この感染経路で最も深刻な症状が、結膜炎です。体液に触れた後に目を触ると、それが原因でクラミジアが目に侵入し、結膜炎を起こします。手から目に入る感染経路は見逃されがちですが、実際にこの症例はいくつもありますので間違った対策をしないように気を付けることです。