• ホーム
  • 織物が明らかにおかしいと気づいたら、カンジダの症状を疑ってみて

織物が明らかにおかしいと気づいたら、カンジダの症状を疑ってみて

膣カンジダになると、膣分泌液に異常が生じる可能性が高くなります。通常よりも分泌液が大量にでてきて、かゆみが強くなるケースではカンジダを疑わなくてはいけません。特に、感染によって炎症が強くなってしまうと、それと同時に痛みが激しくなる性質もあります。そのため、かゆみや分泌量に通常と異なる違和感があった場合には、すぐに病院でカンジダの検査をする必要があります。

通常の生活で自覚症状がなくても、性行為を行う際に痛みを感じやすくなるため本人が気づくケースも多いです。それに加えて、日常生活の中でも排尿の痛みが生じたりします。他の性病と比較しても、体に異変が現れやすいものなので自覚症状がある病気として認識されています。実際に、女性がカンジダになった場合は膣炎と外陰炎を同時に発症することも多いです。性器の周辺で異常を確認しやすい病気であるため、通常は自覚症状がありやすい性病です。例えばクラミジアなどに関しては、本人が感染していたとしても潜伏期間があり、自覚症状もわかりづらいのでそのままパートナーに移してしまう可能性も存在します。この感染症の場合は、見た目にも明らかに異常性があるため二次的な感染を防ぎやすい病気だといえます。

分泌液に関しても、見た目にわかりやすい特徴があります。ヨーグルト状の白い液体が出てくるようになりますので、透明な通常の分泌液とは明らかに様子が異なります。放置していると、症状が慢性化してしまって湿疹のようなものが広がる可能性も高くなります。こうなると、他の性病の合併リスクが向上してしまうため気を付けなくてはいけません。性感染症に違いありませんので、放置をしてメリットはないと考えておいた方が無難です。また、日常生活の中で膣カンジダを発症させやすい行動をとっていたケースもカンジダを疑った方がよいです。具体的なものとしては、排便のときのお尻の拭き方です。女性は、尿道が非常に短いのでお尻の拭き方を後ろから前にすると、お尻に存在しているカンジダ菌が尿道に付着してしまう可能性があります。そこから、膀胱や膣内に侵入する可能性は十分に存在します。

カンジダ菌は、腸などの消化管にも存在しますので日常生活の中で間違った行動をすると、それだけで感染する可能性が高くなります。ですから、通常の生活スタイルと合わせて疑わしいポイントがある場合には、カンジダに感染しているかどうかを検討しなくてはいけません。この病気は、性交渉とほとんど関係ないケースでも感染するので誤解をしないように注意をする必要があります。