• ホーム
  • 自覚症状がないから本当は怖いクラミジア!放っておくと合併症を発症

自覚症状がないから本当は怖いクラミジア!放っておくと合併症を発症

クラミジアは、男性でも女性でも自覚症状がほとんどない病気です。潜伏期間を経てからは症状を悪化させることもありますが、長いと3週間程度は自覚せずに生活をすることになります。問題なのは、自覚症状がなくても合併症を発症させてしまう可能性があることです。ですから、初期の段階で身体に不調が生じた場合には早急に対策を講じなくてはいけません。実際に、クラミジアは放置していても自然治癒するような病気ではありませんので、治療薬を使うのが1番です。

クラミジアの恐ろしい点は、放置していると着々と病原菌が体の内部に侵入してくる点です。最初は、粘膜の周辺に生息しているクラミジアですが、時間の経過とともに子宮内部に侵入して、様々な合併症を併発させます。具体的な症状としては子宮内膜炎や卵管炎、腹膜炎などという症状が合併症として発症する可能性があります。

それだけではなく、子宮内膜炎の症状が重度のものになってしまうと、下腹部に強烈な痛みが伴い。不正出血などの合併症も起こります。さらに症状が進行すると、妊婦の流産にも繋がる可能性がありますので注意をしなくてはいけません。卵管炎に関しても、激しい生理痛を経て不妊症の原因になってしまうことがありますので、クラミジアという性病だけの問題ではなくなってしまいます。

また、クラミジアは女性だけではなく男性にも合併症を引き起こします。病原菌が体の奥に侵入していく性質は同じで、放置していると前立腺の炎症を起こしたり、太ももや下腹部にも痛みを生じさせることになるので気を付けなくてはいけません。それだけではなく、前立腺はさらに奥の睾丸に繋がっていますので、男性側の不妊の原因にも繋がります。確かに男性は身体的な影響は女性と比較して軽いですが、それでも影響がでる可能性はあるため油断をしてはいけません。

そして、最も気をつけておかなくてはならない合併症がエイズです。クラミジアを感染している患者は、それに感染していない患者と比較してHIVへの感染確率が大幅に跳ね上がることがわかっています。合併症の中でも最も危険なものですので、クラミジアに感染しているとわかった場合にはお互いの安全や健康のためにも性交渉を一時的に禁止しなくてはいけません。早期の治療をすれば問題ない症状ですし、放置をすることにメリットはありません。治療期間に関しても、クラミジア治療薬を10日間程度で投与してから数週間程度で治療できますので安心です。