• ホーム
  • 誰でもかかりやすい!カンジダは感染経路が多種多様な性病である

誰でもかかりやすい!カンジダは感染経路が多種多様な性病である

カンジダ菌は、感染経路が存在するものではなく元々人間の体で暮らしている常在菌と呼ばれるものです。人間の生活と密接に関連していますので、カンジダ菌そのものについては普通に生活を送っていたとしても、気づかずに感染してしまう可能性が高いといえます。実際に、カンジダというのはカビの一種ですので、カビが存在するところにはいつでも生息しています。人間の体の中に関して述べると、皮膚にも常在していることも珍しくなく、口腔内や直腸にも存在します。健康的な人や不健康な人を問わずに存在しますので、これといった感染経路を特定することはかなり難しいものです。

統計的なデータをみても、自己感染がほとんどの割合を占めていて、他人から感染するようなことはほとんどありません。膣カンジダは性病と考えられていますが、この症状についても性交渉で感染する確率はわずか5%程度であると考えられています。性交渉の経験がある人に対して性器の周辺に悪い症状がでてきてしまうため、性交渉で感染していると勘違いをしてしまう人が多いだけです。現実的な感染や発症の過程としては、常在菌であるカンジダが人間の抵抗力が弱まったときに活動するという形になっています。言い換えると、人間の免疫力が強い状態であるのならば、膣カンジダのような性病は発症しません。

具体的には、膣カンジダは膣内や外陰部に存在するカンジダ菌が免疫力が低下したときに活動を活発化させることで発症します。特に、女性の場合はホルモンバランスの変化が起こりやすい体質であるため、このときに弱くなった免疫力の影響でこの感染症が発症する可能性もあります。仕事の疲れやストレスといった心身に影響を与える要因も強く、それがきっかけで結果的に病気を発症することになります。また、再発リスクが高い病気としても知られていますので、再発防止のための感染経路を防ぐことも重要です。ポイントは、常在菌であるカンジダの繁殖を防ぐことです。細菌そのものをすべて死滅させることは難しいですが、日ごろの生活の中で繁殖を防ぐ行動をとれば、未然に症状を防ぐことはできます。

例えば、カビの一種であることから蒸れるような服は着ないようにすることです。通気性のある服をきて、外出から帰宅したときにはデリケート部分をきちんと洗って乾かすことが大切になります。整理中のナプキンなどの管理も忘れないようにしておけば、比較的容易に感染経路や増殖を防ぐことができます。